日テレNEWS
社会
2014年7月4日 1:55

プールで訓練中2人溺れる 静岡県消防学校

プールで訓練中2人溺れる 静岡県消防学校
(c)NNN

 静岡市の静岡県消防学校で3日午後、初任科の学生2人がプールで訓練中に溺れ、意識を失う事故があった。2人の意識はその後回復し、命に別条はないという。

 静岡県消防学校によると3日午後4時30分ごろ、静岡市清水区の県消防学校で、22歳の初任科の男子学生2人が水深5メートルのプールで水泳訓練中に溺れ、意識不明となった。2人は、消防のヘリコプターで市内の病院に運ばれたが、現在は意識・呼吸ともに回復しているという。

 2人は、初任科生を対象にした水上安全法の授業に参加し、学生47人が作業服を着たままプールに入り、5分間の立ち泳ぎの訓練をしていた。

 県消防学校では、「事故は予想できなかった。今後一層、安全に留意したい」と話している。