日テレNEWS
社会
2014年7月11日 6:19

台風8号、温帯低気圧へ 北日本では大雨も

台風8号、温帯低気圧へ 北日本では大雨も
(c)NNN

 千葉県に再上陸した台風8号は、11日午後にも三陸沖で温帯低気圧に変わるが、梅雨前線の停滞する北日本では大雨のおそれがある。

 この48時間に降った雨の量は、秋田から新潟の多い所で200ミリを超えた。山形県長井などでは7月として1位の大雨となっている。

 11日6時現在も、北日本、東日本では雨の降っている所が多く、北海道の太平洋側から東北、北陸では、今後も雨が続きそうだ。

 12日朝までに予想される雨の量は、北海道で120ミリ、北陸で100ミリ、東北では80ミリとなっている。

 土砂災害や川の増水、浸水の被害に厳重な警戒が必要。