日テレNEWS
社会
2014年9月5日 10:34

5日午後、薬剤まき蚊を駆除へ 代々木公園

5日午後、薬剤まき蚊を駆除へ 代々木公園
(c)NNN

 デング熱を引き起こすウイルスを持つ蚊がいることを受けて大部分が閉鎖された東京・渋谷区の代々木公園で、東京都は5日午後、薬剤をまいて蚊を駆除する作業を行う。

 代々木公園は、約8割にあたる区域が4日から立ち入り禁止になっている。閉鎖されていない区域でも、6日から行われる予定だったイベントが主催者の判断で中止されるなど、影響が出ている。公園内の4か所で採集した蚊からデングウイルスが検出されており、東京都は5日午後から、薬剤をまいて蚊の駆除を行う予定。

 厚労省などによると、国内でデング熱への感染が確認された人は計59人となっている。