日テレNEWS
社会
2014年9月5日 11:09

近畿北部で激しい雷雨 土砂崩れや停電も

近畿北部で激しい雷雨 土砂崩れや停電も
(c)NNN

 近畿地方で5日未明に激しい雨が降り、京都・綾部市などで避難勧告が出されている。土砂災害への警戒が必要。

 前線や湿った空気の影響で、近畿地方は北部を中心に5日未明から激しい雷雨となった。綾部市では午前4時前までの3時間の降水量が193ミリと、観測開始以来、最も多い記録となった。この大雨の影響で、綾部市の全域や京都・福知山市の一部地域で避難勧告が出されている他、綾部市では各地で土砂崩れや河川の氾濫などの被害が出ている。この雨で、綾部市の男性(67)が足を滑らせ、膝を負傷している。また、鉄道の運転見合わせや高速道路の通行止めも出ており、京都府と兵庫県の一部で停電も起きている。

 雨雲は近畿から北陸、東海地方に広がっている。引き続き警戒が必要。