日テレNEWS
社会
2014年9月12日 16:59

iPS細胞をヒトに応用 世界初の手術終了

iPS細胞をヒトに応用 世界初の手術終了
(c)NNN

 iPS細胞をヒトに応用した世界初の手術が12日午後に終了した。

 神戸の理化学研究所の研究チームが中心となり、視力の低下などに悩む目の難病の患者の皮膚からiPS細胞を作製、培養して網膜組織の細胞に変化させ、70代女性の目に移植した。この後、研究チームは会見を開き、詳しく説明を行う予定。