日テレNEWS
社会
2014年10月5日 22:51

台風18号 6日昼前に東日本上陸のおそれ

 気象庁によると、大型で強い台風第18号はこれから6日昼前にかけて、近畿南部や東日本太平洋側にかなり接近し、上陸するおそれがある。暴風や高波、土砂災害、低地の浸水、河川の増水やはん濫、高潮に厳重に警戒。

<気象庁の発表内容は以下のとおり>

[台風の現況と予想]
 大型で強い台風第18号は、5日22時には足摺岬の南南東にあって、1時間におよそ30キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
 台風はさらに速度を上げて北東に進み、強い勢力のままこれから6日昼前にかけて近畿南部や東日本太平洋側にかなり接近し、上陸するおそれがあります。

[防災事項]
<暴風>
 現在、四国地方と九州南部の一部が風速25メートル以上の暴風域に入っており、海上では猛烈な風が吹いています。これから6日昼過ぎにかけて四国地方から東日本にかけての太平洋側を中心に暴風域に入るおそれがあり、台風の接近に伴い風が急激に強くなるでしょう。

 6日は四国地方、近畿地方と東日本太平洋側で猛烈な風が吹き、九州北部地方と九州南部、中国地方、北陸地方、東北地方で非常に強い風が吹くおそれがあります。

 6日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は
  近畿地方、東海地方、伊豆諸島 35メートル(50メートル)
  四国地方、関東甲信地方    30メートル(45メートル)
  東北地方           25メートル(35メートル)
  九州北部地方、中国地方    23メートル(35メートル)
  九州南部、北陸地方      20メートル(30メートル)
の見込みです。
 暴風に厳重に警戒してください。

<高波>
 四国地方や近畿地方の一部で猛烈なしけとなっており、沖縄・奄美、九州南部、九州北部地方、東海地方でも大しけとなっています。
 6日は、四国地方から東日本の太平洋側で猛烈なしけとなり、東北地方の太平洋側でも大しけとなるでしょう。

 6日に予想される波の高さは
  伊豆諸島             11メートル
  近畿地方、東海地方、関東地方   10メートル
  四国地方              9メートル
  九州南部              7メートル
  沖縄・奄美、九州北部地方、東北地方 6メートル
の見込みです。
 高波に厳重に警戒してください。
 
<大雨・雷・突風>
 台風周辺の活発な雨雲が四国地方の太平洋側にかかり激しい雨が降っています。また、四国の南から伊豆諸島に停滞する前線の活動が活発で、東海地方や伊豆諸島で激しい雨が降っています。
 5日21時までの24時間の雨量が九州南部と伊豆諸島で300ミリを超え、東海地方で200ミリを超えているところがあります。これまでの大雨で三宅島では土砂災害の危険度が高まっています。
 6日は台風と前線の影響で、四国地方から東北地方にかけての太平洋側を中心に広い範囲で非常に激しい雨が降り、台風の接近時には局地的には1時間に80から100ミリの猛烈な雨が降り大雨となる見込みです。

 6日24時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、
  東海地方             350ミリ
  近畿地方、伊豆諸島        250ミリ
  中国地方、四国地方、関東甲信地方 200ミリ
  北陸地方、東北地方   150から180ミリ
の見込みです。

 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫に厳重に警戒してください。

 落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

<高潮>
 6日からは潮位の高い期間となり、台風が接近する西日本から東北地方にかけての太平洋側を中心に高潮に警戒してください。

[補足事項]
 今後の台風情報や、地元気象台が発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。次の「台風第18号に関する情報(総合情報)」は6日2時頃に発表する予定です。