日テレNEWS
社会
2014年10月21日 18:40

エボラ流行3か国の帰国者に報告義務づけ

エボラ流行3か国の帰国者に報告義務づけ
(c)NNN

 エボラ出血熱への対応を強化するため、厚生労働省は、感染が広まっている西アフリカの3か国のいずれかに滞在し、日本に入国した全ての人について、健康状況の報告を義務づけることになった。

 塩崎厚労相「水際の検疫、これは厚労省そのものの責任だが、ここをしっかりまずする」

 厚生労働省は、ギニア、リベリア、シエラレオネの西アフリカ3か国に滞在した人について、入国から21日間、体温や体調に異常がないかを1日2回検疫所に電話で報告することを義務づけるよう、21日に全国の検疫所に通知した。

 これまで患者と接触するなど感染の可能性が高い人のみに適用していた対策を、3か国に滞在した全ての人に広げた形。報告しなかったり、虚偽の報告をしたりすると、検疫法に基づき罰せられることになる。