日テレNEWS
社会
2014年11月24日 15:38

「いい風呂の日」香川・高松市にうどん風呂

「いい風呂の日」香川・高松市にうどん風呂
(c)NNN

 11月26日=「いい風呂の日」に合わせて、香川県高松市内の温浴施設では今年もユニークなお風呂がお目見えし、利用者が心と体を温めた。

 真っ白な麺(めん)に色鮮やかなトッピング。用意されたのは「ぶっかけうどん」のほか、「天ぷらうどん」と「きつねうどん」の入浴剤。スタッフが重曹やクエン酸に香川特産の塩を加えて全て手作りしたもので、約1か月をかけて「36食分」を完成させた。訪れた家族連れなどはツユをイメージしたしょうが入りの湯につかり、えび天、油揚げなど「お好みの具材」も次々に投入、一日限定のユニークな企画を楽しんでいた。

 温浴施設・芦田裕之支配人「特にお子様に喜んでいただきまして、大好評でございます」「来年も頑張ってさぬきうどんやっていきますのでよろしくお願いいたします」

 この施設では3年前から11月26日の「いい風呂の日」にちなんで、このユニークな企画を続けている。