日テレNEWS
社会
2014年12月5日 15:24

最後の“ブルートレイン”「北斗星」引退へ

最後の“ブルートレイン”「北斗星」引退へ
(c)NNN

 上野と札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」が、来年3月のダイヤ改正に合わせて廃止されることになった。青い客車が特徴のブルートレインは姿を消すことになる。

 上野と札幌を結ぶ寝台特急「北斗星」は1988年、青函トンネルの開業に合わせて運行が始まり、現在は1日1往復、運行されている。JR東日本は、車両の老朽化に加え、2016年の春に開業予定の北海道新幹線の走行試験が始まるため、来年3月のダイヤ改正に合わせて廃止を決めたという。

 「北斗星」は、青い客車が特徴のブルートレインと呼ばれる寝台特急だが、「北斗星」の廃止で、定期運行のブルートレインは姿を消すことになる。