日テレNEWS
社会
2014年12月19日 18:54

訓練不十分で機長に エア・ドゥに改善命令

訓練不十分で機長に エア・ドゥに改善命令
(c)NNN

 訓練が不十分だったにもかかわらず、副機長を機長に昇格させたとして、国土交通省は、エア・ドゥに対し事業改善命令を行った。

 エア・ドゥなどによると、問題となったのは、今年9月、乗客・乗員294人を乗せた羽田発新千歳行きの飛行。機長への昇格訓練として副機長が操縦していたが、着陸の時、スピードを出し過ぎていたのに教官の機長は「操縦に問題はない」と判断し、会社に報告しなかった。その結果、副機長は追加訓練を受けずに機長に昇格し、今月まで運航していた。会社側はこの事実を10月に把握したが、放置していた。

 国土交通省は「訓練体制が機能していない」などとして、19日、エア・ドゥに対し事業改善命令を行った。

 エア・ドゥは今年9月に整備記録を改ざんし、厳重注意を受けていた。