日テレNEWS
社会
2014年12月25日 16:43

日本列島に6回目の寒波 上越市で土砂崩れ

日本列島に6回目の寒波 上越市で土砂崩れ
(c)NNN

 25日から26日にかけて、12月に入り6回目となった寒波が到来している。この寒波の影響で、日本列島では北日本を中心に雪が降った。

 新潟県妙高市関山では25日、午後2時までの24時間で43センチの降雪を記録した。

 また、新潟県上越市で24日夜、土砂崩れが発生した。走行中の乗用車1台が土砂に押し出されたが、運転していた男性は車から逃げて無事だった。この土砂崩れにより、上越市は7世帯13人に避難勧告を発令した。

 上越市では24日までの20日間で平年の約2.5倍の雪や雨が降っていたということで、警察などは地盤が緩んでいたとみて原因を調べている。

 北日本や北陸では、26日にかけ局地的に雪が強まるおそれがある。また、今月に入り雪や雨が増えているため、土砂災害にも注意が必要。