日テレNEWS
社会
2015年1月6日 15:18

「寒の入り」も…松山から春の便り届く

「寒の入り」も…松山から春の便り届く
(c)NNN

 6日、暦の上では「寒の入り」だが、四国からは春の便りが届いた。

 雨にぬれながらもほころんでいるのは、梅の花。愛媛の松山では暖かい南風が吹いて、6日午後2時までの最高気温は14.3℃まで上がった。この春の風に誘われて、全国で最も早く梅が開花している。一方、関東でも沿岸部を中心に春のあらしとなっている。神奈川・横浜で、最大瞬間風速20.8メートルを観測。午後2時までの最高気温は横浜で16.6℃、東京で16℃、千葉で17.2℃と、4月上旬並みの暖かさになっている。

 この春のあらしから一転、7日にかけて、冬型の気圧配置が強まり、北日本や北陸では、猛吹雪となる所がありそうだ。暴風や高波、猛吹雪による交通障害などに警戒が必要。また、雪崩や、屋根から落ちる雪などにも注意が必要。