日テレNEWS
社会
2015年1月10日 12:52

青森市の積雪、今冬最多 平年の2.7倍に

青森市の積雪、今冬最多 平年の2.7倍に
(c)NNN

 冬型の気圧配置が続く青森県内は10日、津軽を中心に断続的に雪が降り、青森市では積雪がこの冬最も多い1メートル21センチになった。

 10日の青森県内は冬型の気圧配置が続き、強い寒気が流れ込んでいるため津軽を中心に断続的に雪が降っている。午前11時現在の積雪は、青森市でこの冬最も多い1メートル21センチとなったほか、弘前市で84センチ、五所川原市で66センチとなっている。

 一晩で6センチの雪が降り、いつもの年の2.7倍の積雪となっている青森市では、市民が家の周りに積もった雪の片付けに追われていた。青森県内はこの後、12日にかけて津軽を中心に断続的に雪が降る見込みで、青森地方気象台は交通障害などに注意を呼びかけている。