日テレNEWS
社会
2015年1月28日 15:29

舛添知事、水上から“五輪会場”視察

舛添知事、水上から“五輪会場”視察
(c)NNN

 東京都の舛添知事は28日、駐日イギリス大使とともに、水上から東京オリンピックの会場予定地などを視察した。

 舛添知事とヒッチンズ駐日イギリス大使は、羽田空港から船に乗り、1時間半程かけてお台場から浜離宮庭園までを回り、水上から東京オリンピックの会場予定地などを視察した。これは東京オリンピックを見据え、外国人をどうもてなすか参考にしようと行われたもの。船の上では豚肉など東京の食材を使った料理がふるまわれた。

 視察を終えたヒッチンズ大使は、外国人が求めているおもてなしについて聞かれると、次のように答えた。

 ヒッチンズ大使「伝統的なおもてなしと21世紀のおもてなしを両立できれば一番いい」

 舛添知事は、こうした機会を生かしながら外国人をどうもてなすか学び、オリンピックの成功に役立てたいとしている。