日テレNEWS
社会
2015年4月5日 20:00

日航機、徳島空港で着陸をやり直すトラブル

日航機、徳島空港で着陸をやり直すトラブル
(c)NNN

 5日午前、徳島空港で着陸しようとした日航機が、滑走路上に作業車がいたため着陸をやり直すというトラブルがあった。

 5日午前10時59分頃、羽田を出発した日本航空455便が徳島空港に着陸しようとして滑走路への進入を始めたところ、滑走路上に「滑走路距離灯」の交換をしていた作業車を見つけ、着陸を中断した。日航機は着陸をやり直し、予定より32分遅れて徳島空港に到着した。日航機には乗客59人、乗員8人の67人が乗っていたが、このトラブルによるケガなどはなかった。

 徳島空港の管制を担当している海上自衛隊の徳島教育航空群は、「ひとつ間違えば重大な事故につながるミスであり、原因の究明と再発防止に向けて万全を期したい」とコメントしている。