日テレNEWS
社会
2015年5月5日 12:06

いろんな苦労が報われた…萩市長も喜び

いろんな苦労が報われた…萩市長も喜び
(c)NNN

 ユネスコの諮問機関(=ICOMOS)は4日夜、山口県萩市の松下村塾など5つの資産を含む「明治日本の産業革命遺産」が、すべて世界文化遺産へ登録することが適当との勧告を出した。地元では喜びにわいている。

 日本が推薦していた「明治日本の産業革命遺産九州・山口と関連地域」は、山口・福岡・佐賀・長崎・熊本・鹿児島・岩手・静岡の8県にまたがる23の資産で構成されていて、萩市にある5つの資産、「萩反射炉」「大板山たたら製鉄遺跡」「恵美須ヶ鼻造船所跡」「萩城下町」「松下村塾」が含まれている。萩市では祝賀ムードにわいている。登録の勧告を受け4日夜、市役所に横断幕が掲げられた。萩市・野村市長は5日、「今回の評議決定は今までのいろんな意味での苦労が報われた。こんなにうれしいことはない」と話した。