×

中学校・理科で硫化鉄作る実験中…生徒5人が体調不良訴え

2024年5月16日 18:10

16日午後、埼玉県川越市にある中学校で、理科の実験中に生徒5人が体調不良を訴えていて、警察や消防が詳しい原因を調べています。当時、硫黄と鉄を使って硫化鉄を作る実験中でした。

警察などによりますと、16日午後1時半前、川越市にある市立川越西中学校で男性教員から「理科の授業で気分が悪くなった生徒が5名出た」などと119番通報がありました。

学校の理科室で、理科の実験中に中学2年生の男女5人の生徒が、頭痛や吐き気などを訴えて病院に搬送されたということですが、いずれも会話ができる状態だということです。

当時、硫黄と鉄を使って硫化鉄を作る実験中で、その際、窓を開け換気扇を作動させるなどしていたということです。

警察や消防が、詳しい原因を調べています。