日テレNEWS
社会
2015年8月17日 10:32

西日本~東北で非常に激しい雨のおそれ

西日本~東北で非常に激しい雨のおそれ
(c)NNN

 日本付近には前線が停滞して、大気の状態が不安定になっている。

 西日本や東日本では、16日夜から雨が強まっている。三重県の桑名では明け方の1時間に76.0ミリ、長崎県の松浦では朝の1時間に68.5ミリの非常に激しい雨が降った。

 雨はこのあとも続いて、西日本では17日昼前にかけて、東海では17日夕方にかけて、関東甲信では17日夜遅くにかけて、東北では17日夕方から18日明け方にかけて、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。

 18日朝までに予想される雨の量は、九州北部や近畿、東海、東北で150ミリ、関東甲信で120ミリ、北海道で100ミリとなっている。低い土地の浸水や川の氾濫などに警戒は必要。