日テレNEWS
社会
2015年8月27日 21:12

皇后さま、2年ぶりにピアノ演奏を披露

皇后さま、2年ぶりにピアノ演奏を披露
(c)NNN

 群馬県草津町で静養中の皇后さまが27日、2年ぶりにピアノの演奏を披露された。

 静養中の天皇皇后両陛下は27日、軽井沢から草津へ移動し、皇后さまは、音楽祭「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」のセミナーで2年ぶりにピアノを披露された。今年は、イタリアのソプラノ歌手、ジェンマ・ベルタニョッリさんと、リヒャルト・シュトラウス作曲の歌曲「あすの朝」に取り組まれた。

 皇后さまは、ドイツ語の歌詞の意味を確認した後、美しいピアノ前奏で知られる名曲を歌に寄り添うようにしっとりと奏で、ベルタニョッリさんから「とても美しい演奏でした」と拍手を受けられていた。終了後、皇后さまは記者団に体調に関して尋ねられると「大丈夫です。少し休めました」と話された。

 夕方は天皇陛下も合流し、ウィーンのワルツ音楽を中心とした演奏会を聴かれた。最初に、去年亡くなった音楽祭の創始者で皇后さまとも長い親交のあった音楽評論家・遠山一行さんを追悼する曲が演奏され、両陛下は静かに耳を傾けられていた。