日テレNEWS
社会
2015年10月28日 16:22

周南・八代盆地 第一陣のツル3羽飛来

周南・八代盆地 第一陣のツル3羽飛来
(c)NNN

 本州唯一のナベヅルの越冬地、山口県周南市の八代盆地に28日、第一陣のツル3羽が飛来した。

 3羽のツルは、周南市八代盆地の水田でエサをついばんだり、毛づくろいをしたりして、落ち着いた様子だった。親鳥2羽にはさまれ、全体的に茶色っぽい1羽は幼鳥。周南市によると、3羽は午前7時15分に、水田に降り立つのが確認されたという。

 周南市ツル保護研究員・河村宜樹さん「そこを飛ぶのが見えた。3羽が。あれはカラスじゃないなと思い、よく見たらツルでした。やりました」

 周南市では、ナベヅルは特に飛来してきたばかりの時は警戒心が強いため、指定されたエリア以外での観察や撮影はやめてほしいと呼び掛けている。