日テレNEWS
社会
2015年11月2日 21:40

官公庁で「ウォームビズ」始まる

 2日から過度な暖房の使用を控える「ウォームビズ」が官公庁で始まった。

 「ウォームビズ」は、温室効果ガス削減や省エネのため、環境省が寒い時期に過度な暖房の使用を控え、室温を20℃程度に保つよう呼びかけているもの。

 環境省は、家庭や仕事場では首回りや足回りを暖める小物類を身につけるようにすることや、一人ひとりが暖房を用いるのではなく家族みんなで暖かい場所に集まる「ウォームシェア」を行うことで、エネルギーの節約ができると呼びかけている。

 ウォームビズはクールビズとともに2005年から始まったもので、今年で11年目。期間は来年3月末までとなっている。