日テレNEWS
社会
2015年11月8日 21:06

旭化成建材社長 北海道庁訪れ知事に謝罪

旭化成建材社長 北海道庁訪れ知事に謝罪
(c)NNN

 杭(くい)打ち工事のデータ改ざん問題を受け、旭化成建材の社長は8日、北海道庁を訪れ、高橋知事に「一刻も早く問題解決に取り組んでいきたい」と道民に不安を与えたことなどを謝罪した。

 旭化成建材の前田富弘社長は改ざん問題について「心よりおわびする」と高橋知事に謝罪した。

 前田社長「道民のみなさまに一日も早く安心していただけますよう、今後も調査をすすめたい」

 北海道内では釧路市の道営住宅など10件を超える旭化成建材による杭打ちデータの流用が発覚している。旭化成建材はほかに改ざんがなかったかどうか13日に国交省に報告し、合わせて北海道にも説明するとしている。