日テレNEWS
社会
2015年12月8日 14:53

タラ漁解禁 脇野沢で伝統の「場取り」

タラ漁解禁 脇野沢で伝統の「場取り」
(c)NNN

 青森県むつ市の脇野沢でタラ漁が解禁され、網の仕掛け場所を取り合う伝統の「場取り」が行われた。

 脇野沢のタラ漁は、シケが続いたため予定より3日遅れて8日、解禁された。午前7時ごろ、20隻の漁船が合図とともに一斉に船を進め、沖合い4キロ以内と定められた漁場を取り合うタラの「場取り」が行われた。

 「場取り」は脇野沢で80年以上続く習わしで、網を仕掛ける場所が漁の良しあしを決めるとされている。漁師たちは、この冬の漁に期待しながら網を入れていた。

 脇野沢のタラ漁は、来年2月下旬まで行われる。