日テレNEWS
社会
2016年2月25日 19:59

非常用EV利用 虎ノ門ヒルズで火災訓練

非常用EV利用 虎ノ門ヒルズで火災訓練
(c)NNN

 東京・港区の虎ノ門ヒルズで25日、火災時に歩行が困難な高齢者らを避難させる訓練が行われた。

 訓練は「虎ノ門ヒルズの29階で火災が起きた」という想定で行われ、高齢者や障害者ら自力で歩くのが困難な人を、非常用エレベーターを使って避難誘導した。

 火災時にエレベーターを利用した避難は原則禁止されているが、東京消防庁は、高層ビルやマンションでは一定の条件を満たせば、歩行困難者の避難に非常用エレベーターの使用を認める新たな指針を出している。

 虎ノ門ヒルズは、複合施設として全国で初めて非常用エレベーターを使った避難が認められていて、東京消防庁は今後、こうした施設を増やしていきたいとしている。