日テレNEWS
社会
2016年8月27日 17:18

台風10号 来週に本州上陸のおそれ

台風10号 来週に本州上陸のおそれ
(c)NNN

 南の海上には非常に強い台風10号があって、来週はじめにかけて本州付近に上陸するおそれがある。今後の動きに警戒が必要。

 画像では沖縄の南東の海上には、台風10号に伴う雲がまとまっていて、大きく渦を巻いている。中心には、台風の「目」も見えていて勢力が強いことがわかる。

 この影響で、28日にかけて、沖縄の大東島地方では6メートル、小笠原諸島では8メートルの波が予想され、高波に警戒が必要。

 そして台風は、今後、暴風域を伴ったまま、速度を上げて北東に進む見込みで、30日には強い勢力で、関東の東まで進むとみられる。その後、進路を変えて、東日本から北日本に上陸するおそれがある。広い範囲で、大雨や暴風、海は大しけが予想され、厳重な警戒が必要。