日テレNEWS
社会
2016年9月6日 20:58

台風13号 8日朝、東日本に接近し上陸か

台風13号 8日朝、東日本に接近し上陸か
(c)NNN

 台風13号は、6日午後8時現在、沖縄に最も近づいている。7日は速度を速めながら西日本の南の海上を北東に進む見込みで、8日の朝には東日本に近づき上陸するおそれもある。

 日本付近には前線が停滞しているため、台風が近づく前から大雨になりそうだ。7日夕方までの予想雨量は多い所で、近畿で250ミリ、奄美で200ミリ、沖縄・九州南部・四国・東海で150ミリ、関東甲信で100ミリなどとなっている。

 土砂災害や低い土地の浸水、高波にも警戒が必要。