日テレNEWS
社会
2016年10月22日 21:57

登山家の田部井淳子さん死去 77歳

 女性として世界で初めてエベレスト登頂に成功した登山家の田部井淳子さんが20日、がんのため死去した。77歳だった。

 田部井淳子さんは1975年、35歳で世界最高峰エベレストに登頂したほか、子育てをしながら世界7大陸全ての最高峰の登頂に女性で初めて成功した。

 2012年にがんを患ってからも、抗がん剤治療をしながら山に登り、登山の魅力を伝えるための講演など精力的に活動してきた。

 家族によると、20日午前10時頃、入院していた埼玉県の病院で、腹膜のがんのため亡くなったという。

 東日本大震災のあとは、被災した東北の高校生と富士山に登る活動を続けていて、今年7月に高校生と登った富士山が、50年以上に及ぶ登山人生の最後の山となった。