日テレNEWS
社会
2016年11月8日 1:51

未開封で容器が膨張…万全期し全種類回収

 大塚製薬は、製造販売している「カロリーメイトゼリー」などのゼリー飲料にカビが混入していたとして、270万個を自主回収すると発表した。

 大塚製薬が自主回収するのは、「カロリーメイトゼリー」のアップル味、ライム&グレープフルーツ味、フルーティミルク味と、「ジョグメイトプロテインゼリー」の4種類、計約270万個。

 大塚製薬によると、商品を買った人から、「未開封の状態で容器が膨張している」という指摘が先月31日以降で4件あり、調べたところカビが混入していたという。

 4種類のゼリー飲料はすべて佐賀工場で製造され、カビが混入した原因はまだわかっていない。

 今のところ、健康被害の情報は寄せられていないということだが、大塚製薬では万全を期してすべての種類を回収するとしている。