日テレNEWS
社会
2016年12月9日 5:49

日本で若干の海面変動あっても被害心配なし

日本で若干の海面変動あっても被害心配なし
(c)NNN

 日本時間9日午前2時半すぎ、南太平洋のソロモン諸島沖でマグニチュード7.8の大きな地震があった。気象庁によると、この地震によって日本の沿岸で若干の海面変動あっても被害の心配はないという。

 日本時間の9日午前2時39分頃、南太平洋のソロモン諸島沖を震源とする大きな地震があった。アメリカの地質調査所によると、地震の規模を示すマグニチュードは7.8、震源の深さは約40キロと推定されるという。

 気象庁によると、この地震によって日本の沿岸で若干の海面変動あっても被害の心配はないという。