日テレNEWS
社会
2017年1月3日 19:51

「だまされないぞ」諫早湾干拓巡り海上デモ

「だまされないぞ」諫早湾干拓巡り海上デモ
(c)NNN

 長崎県の諫早湾で3日、干拓事業をめぐり国が排水門を開けない代わりに基金創設を提案していることに反対する漁業者が、海上デモを行った。

 デモには、福岡や熊本など有明海沿岸の漁業者が約100隻の漁船で参加した。諫早湾干拓事業をめぐっては、開門を命じた確定判決と開門差し止めの仮処分という相反する司法判断が示され、国は開門せずに100億円の基金を設け、有明海の再生事業を行うことを提案している。

 漁連側は、この案を受け入れる方針だが、デモに参加した漁業者は、「だまされないぞ。今すぐにでも開門しろ」などと、シュプレヒコールをあげていた。

 裁判所は、今月17日までに県や漁業団体の意見を取りまとめるよう求めている。