日テレNEWS
社会
2017年1月15日 11:59

名古屋でも積雪…市民生活に影響広がる

名古屋でも積雪…市民生活に影響広がる
(c)NNN

 この冬、最強の寒気が流れ込んだ名古屋市でも、市民生活に影響が広がっている。

 冷え込みが強まった15日朝は、名古屋市内で路面が凍結するなど影響が拡大した。坂道が多い千種区では、スリップで前に進めなくなった車が多数発生し、警察が現場で交通整理にあたった。

 事故も起きている。港区では、融雪剤をまこうとしていたトラックに乗用車が衝突。乗用車に乗っていた2人が死亡した。

 一方、東海道新幹線は浜松と新大阪の間で速度を落として運転。名古屋駅でも遅れが発生している。

 名古屋では、これまでに最大で4センチの積雪を午前8時に観測しているが、この雪はしばらく残りそうで、引き続き雪の影響に注意が必要。