日テレNEWS
社会
2017年4月1日 12:30

JR常磐線 浪江町などで6年ぶり運行再開

JR常磐線 浪江町などで6年ぶり運行再開
(c)NNN

 先月31日に避難指示が解除された福島県浪江町では、約6年ぶりに、JR常磐線の運行が再開された。

 再開したのは、JR常磐線の浪江駅─小高駅間の8.9キロ区間。JRは去年1月から、この区間で線路の復旧工事などを進めていた。

 1日は、6年ぶりの再開を祝おうと浪江町の馬場町長らが参加する中、記念式典も開かれた。

 馬場町長「復興の加速化の原動力になるということで、大変、力強い開通と思っている」

 JRは、常磐線の残る不通区間について代行バスの運行を続け、2019年度末までに全区間で運行を再開させる計画。