日テレNEWS
社会
2017年5月1日 15:17

都立高校の半数以上で「地毛申請書」提出

都立高校の半数以上で「地毛申請書」提出
(c)NNN

 東京の都立高校173校のうち半数以上で、生徒が髪を染めていないか見分けるため、「地毛申請書」と呼ばれる紙を提出させていることがわかった。

 ある都立高校で実際に使用されている地毛申請書。入学前に髪の色が明るい生徒やパーマが疑われる生徒に対し、「過去に髪の毛を一切加工したことがありません」と書かれた申請書を入学前に渡して、保護者に印鑑を押してもらい提出させる。別の高校では、幼い頃の写真を添付させて確認するケースもあるという。

 東京都教育委員会によると、多くの都立高校では髪を染めることやパーマを禁止していて、全日制の都立高校173校のうち半数以上で、一部の生徒に「地毛申請書」を提出させているという。

 都教委は、「地毛が明るい生徒などに、間違って指導しない方法としてはあり得る一方で、写真は個人情報なので、配慮が必要だ」としている。