日テレNEWS
社会
2017年5月23日 18:44

東山「肥満」コアラのダイエット 成果は…

東山「肥満」コアラのダイエット 成果は…
(c)NNN

 愛知県名古屋市にある東山動植物園の人気者コアラに、「肥満」問題が起こっている。動物園は異例のダイエット作戦に乗り出したが、その成果は。

 東山動植物園で飼育されている8頭のコアラ。そのうちの1頭、メスの「ティリー」は3年前に動物園にやってきた。しかし、約6600グラムだった体重はいまは約8400グラムとなり、“太りすぎ”てしまった。

 なぜ、ティリーは太ってしまったのか。

 飼育員「(1日のエサの量は)だいたい普通のメスが300グラムから400グラムぐらい。ティリーは多いと500グラム、600グラム、時には700グラムとか」

 飼育員によると、東山動植物園に来てから2度の出産を経験したことが関係しているのではないかという。

 このまま太り続けてしまうと、健康が心配されるティリー。そこで先月から“ダイエット作戦”がスタートした。

 通常、1頭ずつ飼育するコアラの獣舎は壁で仕切られているが、今回、ティリーの獣舎は特別に隣の仕切りを開け放し、他のメスと一緒に暮らす状況にした。こうすることで、運動をする機会が増え、ダイエット効果が期待できるという。

 ダイエットを始めて約1か月たった22日、体重測定が行われた。先月24日に量った時は8480グラムだったが、今回は8850グラム。なんと、ダイエット前よりも370グラム増えてしまった。

 東山動植物園によると、運動量は増えたので無理をせず、長い目でダイエットを続けていきたいという。