日テレNEWS
社会
2017年6月6日 14:16

九州南部や四国 あす“激しい雨のおそれ”

九州南部や四国 あす“激しい雨のおそれ”
(c)NNN

 気象庁は6日、九州の梅雨入りを発表した。

 梅雨前線が北上したため、西日本一帯で雲が広がり、九州の所々で雨が降り始めている。今後も曇りや雨の日が多くなると予想されることから、気象庁は、九州北部と九州南部が梅雨入りしたとみられると発表した。九州北部(山口県を含む)は平年より1日遅く、九州南部は平年より6日遅い梅雨入り。

 7日は、梅雨前線の影響で、九州南部や四国を中心に非常に激しい雨の降るおそれがあり、鹿児島県では7日、大雨警報を発表する可能性が高くなっている。河川の増水や土砂災害などに注意が必要。