日テレNEWS
社会
2017年7月11日 21:45

秋篠宮さま、九州豪雨被害にお見舞いの言葉

秋篠宮さま、九州豪雨被害にお見舞いの言葉
(c)NNN

 11日、都内で「日本水大賞」の表彰式に出席された秋篠宮さまは、九州北部での豪雨被害に触れ、「多くの人々が今も避難生活を余儀なくされていることに心を痛めております」などとお見舞いの気持ちを述べられた。

 秋篠宮ご夫妻は11日午後、東京・江東区で行われた「日本水大賞」の表彰式に出席された。この賞は水に関する活動で優れた業績を残した個人や団体に贈られるもので、今年は、豪雨災害の被災地近くにある福岡県の久留米市立金島小学校が、地元の筑後川を生かした教育活動について受賞した。

 秋篠宮さまは、式典の挨拶で今回の被害にお見舞いの気持ちを述べられた。

 秋篠宮さま「数多くの人々が被災し、今も避難生活を余儀なくされていることに心を痛めております」

 また、秋篠宮ご夫妻が金島小学校の教員に「小学校は大丈夫でしたか?」と心配そうに尋ねられる場面もあった。