日テレNEWS
社会
2017年7月24日 21:12

辺野古差し止めへ 県と国の法廷闘争新たに

辺野古差し止めへ 県と国の法廷闘争新たに
(c)NNN

 沖縄県は24日、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設工事差し止めを求める新たな裁判を那覇地方裁判所に起こした。県と国との法廷闘争が改めて始まる。

 この裁判は、普天間基地の移設先とされる名護市辺野古の海で国が進める護岸工事の差し止めを求めるもので、24日午後、沖縄県の代理人らが那覇地裁に訴状を提出した。県側は、工事中止の仮処分もあわせて求めている。

 辺野古移設をめぐっては、去年12月、海の埋め立て承認の取り消しをめぐる裁判で、沖縄県側の敗訴が確定した。それをうけて、国は今年4月、埋め立てに向けた護岸工事に着手したが、沖縄県側は、海底の地形を変更するために必要な県の許可の期限が切れているとして、両者の対立が続いていた。

 今回の提訴で県と国との法廷闘争が改めて始まることになる。