日テレNEWS
社会
2017年7月28日 19:28

男性ヒアリに刺される 再発防止に向け工事

男性ヒアリに刺される 再発防止に向け工事
(c)NNN

 27日、福岡市でコンテナから荷降ろしをしていた男性がヒアリに刺された。再発防止に向け、国は全国68の港でヒアリの定着を防ぐ工事を進めている。

 環境省によると今月23日、中国から来た貨物船が福岡市の博多港に電子機器が入ったコンテナを陸揚げした。27日、博多区の事業所で30代の男性がこのコンテナの荷を降ろしていて、左腕をヒアリに刺された。国内でヒアリの被害が確認されたのは初めてだが、男性の症状は軽いという。

 国は、北九州市門司区の港を含め中国などとの航路がある全国68の港で、ヒアリが定着しないよう地面のアスファルトの割れ目を埋める工事を進めている。