日テレNEWS
社会
2017年8月7日 20:21

荒川水系、取水制限を一時解除 貯水量上昇

 空梅雨などの影響で水不足が懸念されていた、埼玉県と東京都を流れる荒川水系で、取水制限が一時的に解除された。

 埼玉県などによると、空梅雨などの影響で水不足が懸念されていた埼玉県と東京都を流れる荒川水系では、先月末からのまとまった雨によって、4つのダムの貯水量が7日午前0時現在、平年の71%まで上昇し、最も少なかった先月26日と比べて約10ポイント回復した。

 こうした事から埼玉県や関東地方整備局などは、荒川水系で先月5日から行われていた最大20%の取水制限を、7日、一時的に解除した。

 関東地方整備局は、荒川水系のダムの貯水量は平年よりもまだ少ないため、引き続き節水に協力を呼びかけている。