日テレNEWS
社会
2017年8月15日 15:37

あいにくの天気…小池知事“自然の打ち水”

あいにくの天気…小池知事“自然の打ち水”
(c)NNN

 江戸時代から続く伝統の知恵で“涼しさ”を得る「打ち水」のイベントに東京都の小池知事が参加した。

 小池都知事「今日は(雨で)自然の打ち水になりそうですけど、改めて打ち水ってすごいなぁと皆さんに体感していただきたい」

 あいにくの天気の中、東京・丸の内のイベントに参加した小池知事は、子どもたちと一緒に打ち水を行った。

 2020年東京オリンピック・パラリンピックでの暑さ対策が課題となる中、東京都は江戸の知恵で涼を得る「打ち水」をおもてなしとして定着させることを目指している。

 打ち水は日中を避けて朝や夕方に日陰で行うのが効果的で、体感温度が2℃ほど下がるという。