日テレNEWS
社会
2017年8月25日 1:13

仕出し弁当食べた3人からO-157 滋賀

仕出し弁当食べた3人からO-157 滋賀
(c)NNN

 滋賀県米原市で仕出し弁当を食べた3人から腸管出血性大腸菌・O-157が検出されたと滋賀県が発表した。

 滋賀県によると、米原市にある飲食店『本陣樋口山』が作った仕出し弁当を今月9日に食べた26歳から27歳の女性3人が、数日後に腹痛や下痢、発熱の症状を訴え、うち2人が入院した。

 現在は、全員快方に向かっているという。

 3人からは腸管出血性大腸菌O-157が検出されたということだが、原因となった食材は特定されていない。

 長浜保健所は、この店を2日間の営業停止処分にするとともに、感染経路の特定を急いでいる。