日テレNEWS
社会
2017年8月26日 16:30

大雨で会場浸水「大曲の花火」きょう開催へ

大雨で会場浸水「大曲の花火」きょう開催へ
(c)NNN

 24日からの大雨の影響で会場が水につかっていた全国花火競技大会「大曲の花火」が、秋田県大仙市で予定通り開かれることになった。

 大曲の花火の会場は、24日からの大雨で雄物川が氾濫した影響で、仮設トイレや桟敷席が水につかった。実行委員会は水が引いてから夜通しで復旧作業を進め、大会当日となった26日朝、予定通り開催することを発表した。

 去年は74万人が訪れた大曲の花火。今年は全国から27の業者が自慢の花火を出品する。大雨の被災者に向けたメッセージや災害ボランティアへの感謝の言葉が読み上げられる「激励花火」も打ち上げられる。