日テレNEWS
社会
2017年10月29日 6:18

台風22号 予想進路(29日6:00)

台風22号 予想進路(29日6:00)
(c)NNN

 台風22号は、九州南部に最も接近している。29日は西日本から東日本の太平洋側で雨や風が強まり、荒れた天気になりそうだ。

 台風22号は、午前6時現在、種子島付近にあって、九州南部が暴風域に入っている。今後は、暴風域を伴ったまま速度を上げて日本の南の海上を進む見込み。29日深夜に関東に近づいたあと、30日未明までに日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。

 29日に予想される最大瞬間風速は、九州南部、伊豆諸島で45メートル、奄美、四国、近畿、東海、関東で35メートル、九州北部と北海道は30メートルとなっている。

 また、29日朝にかけて予想される雨の量は、東海で200ミリ、近畿、北陸、関東甲信で150ミリ、四国で120ミリなどとなっていて、局地的に非常に激しい雨が降りそうだ。

 暴風に厳重に警戒するとともに、うねりを伴った高波や大雨に警戒が必要。