日テレNEWS
社会
2017年11月27日 16:34

NPB新コミッショナー 元東証社長を承認

NPB新コミッショナー 元東証社長を承認
(c)NNN

 プロ野球の日本野球機構の新たなコミッショナーに元東京証券取引所社長の斉藤惇氏が就任することが承認された。

 NPB(=日本野球機構)の新たなコミッショナーに就任することになったのは、元東京証券取引所の社長で、アメリカの投資ファンド・KKRの日本法人会長、斉藤惇氏(78)。27日午後2時から行われたオーナー会議で決定した。

 また、今季でコミッショナーを退任することになった元東京地検特捜部長で弁護士の熊崎勝彦氏は顧問としてNPBに残る。今後はビジネス界出身と法曹界出身の両者でプロ野球の改革を進めることになる。