日テレNEWS
社会
2017年11月30日 5:03

秋篠宮さまお誕生日 会見全文(2/4)

 記者 皇籍を離れて、皇族が減少することについては、いかがですか。

 殿下 今の制度では、女性の皇族が結婚をすれば、皇籍を離れることになります。一方で、皇室の中で、女性の占める割合が非常に多いわけです。結婚して皇籍を離れるというのは、制度の問題ですので、そのことについて、私が何か、ここで言うことではないと思います。よくその、皇族の数が少なくなると、いろいろ活動に支障が出るのではないか、ということを耳にすることがあります。しかし、それぞれの皇族の活動の中で、もちろんその、共通、共通というのは同じという意味ではなくて、皇族としてのその仕事を、何と言いましょうか、例えば、ある行事に出席する、宮中の行事に出席するとか、その他もろもろあるわけですけれども、それ以外に、かなりの部分で、個人に帰属しているものも多いですね。そのことを考えますと、これは飽くまで、個人に帰属してしまいますので、仮に人数が減少したとしても、そこには、その点に関しては、それほどの影響は出ないのではないかと思います。先ほども申しましたように、これは、今の制度では少なくなっていく、これは、そのとおりなわけですけれど、私は、以前もお話ししたかなと思いますが、やはり現状では、その人数の中で、できる範囲、できる仕事をしていくのが、適当ではないかと思っております。

 妃殿下 よろしいでしょうか。(殿下に確かめられる。)長女が結婚しましてからも、(私は、宮様とご一緒に)お互いに健康に気をつけながら、期待される皇族としての大事な務めや、さまざまな活動を、心を込めて努めてまいりたいと思います。

 殿下 これは、あなたがですね。

 妃殿下 はい。私たち、そうですね。

【問4】
 両殿下にお伺いします。英国に短期留学中の佳子さまの現在のご様子とともに、将来のご活動やご結婚についてどのようにお考えかお聞かせください。天皇陛下の退位に伴い、皇位継承順位第2位となられる悠仁さまには、今後どのようなことを経験し、成長してほしいですか。現在、小学5年生ですが、中学以降の進学先のお考えについてもお聞かせください。

 殿下 (妃殿下をご覧になって)ここはあなたから。

 妃殿下 次女の佳子は今年の秋から英国に短期留学し、元気に過ごしているようです。詳しいことは帰国してから話を聞くことになると思いますが、今は大学でいろいろな講義を受け、充実した学生生活を送っているようで、うれしく思っています。

 記者 佳子さまの将来のご活動やご結婚についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。

 殿下 (妃殿下をご覧になって)私から。(少し間をおあけになって)この9月にイギリスの方に次女は渡りました。これは長女のときもそうでしたが、私は余りこちらから何か用事があったりとか、向こうから何か聞きたいことがあったりして連絡があるとき以外は、できるだけ連絡を取らないようにしています。つい先日イギリスからメールが入ってきましたけれども、それを読む限りでは元気に過ごしているのではないかと思います。また、将来の活動、恐らくイギリスから帰ってきた後のことだと理解いたしますが、今はこの1年弱という短い期間現地での様々な講義を聴いたり、そちらの方に集中していることでしょうから、帰国してから話合いをしながら、どういう活動をしていくかということを決めていくことになるのではないかと思います。結婚については、長女のときもそうでしたけれども、私はできるだけ本人の意志を尊重したいと、そのように考えております。

 妃殿下 将来の活動については、今は留学しておりますが、それを終えて日本に帰国しましてからも大学生の生活が続きますので、大学生としての勉学などを大事にしながら、長女と同じようなことになると思いますが、勉学に差し支えのない範囲で、公的な活動などを一つ一つ大事に果たしてほしいと思っております。結婚については、そのような話がありましたときに、そのときに大事に考えていきたいと思います。