日テレNEWS
社会
2017年12月16日 18:58

京浜東北線で架線断線 全区間で運転再開

京浜東北線で架線断線 全区間で運転再開
(c)NNN

16日午前、JR京浜東北線で架線が断線するトラブルがあり、京浜東北線などが一部で一時運転を見合わせたが、午後5時半すぎに全ての区間で運転を再開した。

JR東日本によると、16日午前11時頃、京浜東北線の鶴見駅と川崎駅の間で架線が断線した。この影響で京浜東北線、東海道線、横須賀線の一部で運転を見合わせていたが、約7時間後の午後5時半すぎに全ての区間で運転が再開した。ケガ人はいないが、体調不良を訴えた男性が2人いたという。JR東日本は約2400人の乗客を線路などに降ろし、近くの駅や安全な場所に誘導した。

JR東日本は架線が切れた原因を詳しく調べている。