日テレNEWS
社会
2017年12月18日 14:09

窓落下の米軍ヘリ同型機、飛行再開の見通し

窓落下の米軍ヘリ同型機、飛行再開の見通し
(c)NNN

沖縄で小学校のグラウンドにアメリカ軍の大型ヘリコプターの窓が落下した事故で、アメリカ軍は事故後見合わせていた、同型機の飛行を近く再開する見通し。

今月13日、アメリカ軍普天間基地所属の大型ヘリ「CH-53」の窓が宜野湾市の小学校のグラウンドに落下したが、沖縄県によると17日、アメリカ軍から「機体に問題はなかった」として、同型機の飛行を近く再開する旨の通知があった。

事故原因については、「人為的なミス」と説明したという。

一方、事故があった小学校には18日、アメリカ海兵隊幹部が訪れた。幹部は謝罪した上で、「今後は最大限、小学校上空を飛ばないようにする」と述べたが、校長は、上空を一切飛ばないよう確約を求めたという。