日テレNEWS
社会
2017年12月20日 14:59

「啓翁桜」出荷シーズン迎える 東根市

「啓翁桜」出荷シーズン迎える 東根市
(c)NNN

冬を彩る「啓翁桜」の出荷シーズンを迎えた。啓翁桜は、開花前の枝を40℃のお湯につけるなど、ハウス内で寒さと暖かさを調節しながら真冬に花を咲かせるように育てられる。

日本一の産地、東根市にあるJAさくらんぼひがしねさくらセンターでは、20日午前8時半から、出荷する枝を切りそろえ、箱詰めする作業に追われていた。

出荷シーズン到来に合わせて開かれた出発式では、地元の子どもたちが踊りを披露して初出荷を祝った。

20日は約1万本が出荷され、シーズンを通して45万本の出荷を見込んでいるという。