日テレNEWS
社会
2017年12月23日 18:00

天皇陛下の誕生日 皇居・宮殿でお祝い行事

天皇陛下の誕生日 皇居・宮殿でお祝い行事
(c)NNN

天皇陛下は23日、84歳の誕生日を迎えられた。皇居で行われた一般参賀には、平成で最も多くの人が訪れた。

天皇陛下「晴れ渡った空のもと、誕生日にあたり、皆さんの祝意に深く感謝致します。今年もあとわずかとなりました。来たる年が国民皆にとり少しでも、穏やかな年となるよう願っています」

天皇誕生日の23日午前、皇居・宮殿で行われた一般参賀は、再来年の4月30日に天皇陛下が退位されることが決まってから初めてで、去年より1万2500人ほど多い、4万5900人が集まり、平成になって最多となった。

天皇陛下は誕生日を前に記者会見で退位までの日々について、次のように語られた。

天皇陛下「残された日々、象徴としての務めを果たしながら次の時代への継承に向けた準備を、関係する人々と共に行っていきたいと思います」

また、23日午後には宮内庁の庁舎前に、およそ6400人が記帳に訪れたほか、宮殿では、天皇皇后両陛下が安倍首相らおよそ480人と昼食を共にされる「宴会の儀」が行われた。天皇陛下は「国の発展と国民の幸せを願い、あわせて一同の健康を祈ります」と述べられた。

続いて、外国大使などを招いた「茶会の儀」が行われ、両陛下と皇族方は親しく外国大使らと懇談されていた。