日テレNEWS
社会
2018年1月12日 12:41

北陸中心にさらなる大雪に警戒を

北陸中心にさらなる大雪に警戒を
(c)NNN

寒波による日本海側の大雪は、13日にかけても続く見込み。北陸を中心にさらなる大雪に警戒が必要。

日本列島に流れ込んでいる強い寒気の影響で、日本海側は広く雪が降り、特に活発な雪雲が流れ込んだ北陸で、大雪となった。山沿いだけでなく、市街地でもまとまった雪が降り、この24時間で金沢では39センチの降雪を観測している。

また12日朝は全国的に冷え込みが強まり、各地で気温が0℃を下回った。寒波の影響は13日も続く見込みで、13日朝までに降る雪の量は、多い所で、北陸・近畿で50センチとなっている。

積雪がさらに増えるおそれがあり、大雪や路面凍結による交通障害、なだれに警戒が必要。